So-net無料ブログ作成
検索選択

【ダービーロード攻略】ダービー初制覇! [ダービーロード]

ダービーロード攻略】ダービー初制覇!

ダービーロード攻略目次に戻る

※当ブログの記事は、仲間達と苦労してまとめた情報になります
※無断転載は固くお断りします

ようやく、日本ダービーを勝つことができました。
その道筋を書いていきます。



スポンサーリンク




だいぶ初期のほうに、URディープをGETしたものの、配合理論がある程度判明してから使おうと取っていました。

そして、何通りか史実馬配合が成立する条件がわかってきたところで、牡馬サンデー系カードで一番効果の高い、「サイレンススズカ配合」の肌馬を作ることにしました。

サイレンススズカ配合は、
サイアーライン:サンデーサイレンス
母父:ミスタープロスペクター系
母母父:ヒムヤー系
という配合をしようとした時に、成立します。

ヒムヤー系は、私が確認できている限りでは、「ノボトゥルー」のみです。
なのでまずは、ノボトゥルーと適当な牝馬を配合して、牝馬を産みます。
ここで牡馬が産まれてしまったら、やり直しです。

父にノボトゥルーを持つヒムヤー系牝馬ができたら、ミスプロ系の牡馬カードと配合します。
ここでも、牝馬が産まれないとダメです。

こうしてできた牝馬に、サンデーサイレンスを父系に持つ牡馬カードを配合しようとすると、サイレンススズカ配合が成立します。

血統表で見ると、こんな感じです。
スズカ配合.png

さて、いよいよディープインパクトと配合です!
IMG_2948.jpg

配合評価は83!初めて見た!
えいやーっ!

IMG_2949.jpg

バックフラッシュはSR濃厚、大物の雰囲気コメントいただきました!

しかし!


早熟!!!!!!!!

あああああああああ~~~~
こりゃ駄馬かな~と思い・・・売却で一応確認してみるとSRだったので・・・入厩してみることにしました。

この時、もう落胆してデータ取るのを忘れたのですが、確か全部のパラがD以上でした。
なにより落胆したのが、早熟なのに長距離適正だったんですよね。。

そしてしばらく育成していると、距離適正が長距離→万能へ変化しました。
芝調教ばかりしていたので、ダビ伝同様に、調教による距離適正の延長が可能なようです。

ダビ伝で言うところの長距離→万能(長)は、2000m~3000mくらいが適正だったので、朝日杯は厳しいかな~と思いましたが・・・

IMG_2950.jpg
IMG_2951.jpg

オルフェーヴルに勝ってしまいました。


しかも、この馬を育てて気付いたのですが、ダビ伝同様に早熟にもタイプがあります。
以前育てた早熟は、3歳の3月1週でパラ激減でしたが、この馬は4歳の5月1週までパラ落ちしませんでした。

この馬は、2歳10月から3歳2月4週まで成長のピークだったので、ダビ伝的には早熟持続型?

さて、皐月賞は3着に破れ、迎えたダービーです。
なんと、ライバル馬はオペラオーのみ!
一番のライバルは、バイオホームラン

IMG_2954.jpg
に、圧勝!
IMG_2955.jpg

ダービーレコードです。
ちなみに、ダービー勝った時のパラメータはこちらです。
IMG_2956.jpg

結果、宝塚記念、天皇賞(秋)、宝塚記念の、G1五勝で引退しました。

凱旋門賞を取るまでは課金も続けようかな、と思ってましたが、だいぶ満足してしまいました。

ダービー取るまでの課金額は2万円です。ご参考にどうぞ・・・


ダービーロード攻略目次に戻る


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。